OnePlusとMeizuは何らかの理由でベンチマークを打ちのめされている

浮気は出会いの関数です。夫や妻、彼氏や彼女、どんな人にだって浮気の機会はあるでしょう。もしパートナーの怪しい言動が目に付いたら浮気調査を探偵に依頼してみましょう。その半数以上は無料相談だけで解決しています。
そのため、

即日お金が必要ならどこよりも高い換金率のクレジットカード現金化を利用しよう!

メーカーがベンチマークで依然として不正をしている理由

Android向けの優れたGeekbenchテストスイートの背後にあるPrimate Labsの友人と協力して、XDA開発者の調査が、数千のAndroid搭載デバイスのベンチマーク違反の広範な陰謀を明らかにした

OK、それは完全には真実ではありませんが、それは良いと思いますよね?実際、サムスン、HTCなどが何年か前に活動していたことから、OnePlusとMeizuはOnePlus 3TとMeizu Pro 6 Plusのフラッグシップで「パフォーマンス」モードを起動しているいくつかのCPUとGPUのベンチマーク。 XDAから:

  

OnePlusが特定のアプリケーションをターゲットにしなければならないという結論に至りました。私たちの仮説は、OnePlusがこれらのベンチマークを名前でターゲットにしており、ベンチマークスコアを上げるために代替CPUスケーリングモードに入っていたことです。

  
  

OnePlus 3Tは、Geekbench、AnTuTu、Androbench、Quadrant、Vellamo、およびGFXBenchを探していました。この時点で、OnePlusがベンチマークの不正行為を行っていたという明確な証拠が得られました。

XDA開発者はPrimate Labsと協力して、不正行為を誘発しないGeekbenchの特別なビルドを手に入れました。その結果、大幅なパフォーマンスの違いと全体的な温度の上昇が見られました。 Meizu Pro 6 Plusも同様の結果が見られましたが、これは中国以外では人気がありません。

OnePlusによれば、最適化を意図した悪意はなく、ベンチマークではなく全体的なゲームパフォーマンスを向上させることを意図していましたが、発熱量とバッテリ使用量が少し増えました。将来のビルドでは、ベンチマークの最適化が削除されます。

もちろん、ユーザーの数が少ないベンチマークでは購入決定を通知する業界では、レベルの競争の場が必要ですが、指標として、コアのスピードだけでなく、デバイス全体を常に確認することをおすすめします購入のために。

Benchmark Cheatingの反撃:OnePlusと他の人たちがどうやって赤軍に奪われ、何をしたのか