Samsungは2017年第4四半期に記録的な利益を上げ、今年発売予定の折り畳み型Galaxy X電話機

浮気調査を探偵に依頼すならメディアで評判の浮気調査の探偵がおすすめです!
そのため、

即日お金が必要ならどこよりも高い換金率のクレジットカード現金化を利用しよう!

サムスンは今年折り畳み式携帯電話を投入してスマートフォンを差別化しようとしている。

サムスンは、今年四半期のすべての現CEOを置き換えた大統領の内部的な危機に直面しているかもしれないが、会社の業績に影響を与えます。

三星(サムスン)の総収入は615億ドル(65兆9800億ウォン)で、営業利益は141億3000万ドル(15兆1500億ウォン)と驚くほど高かった。

サムスンは、実際には2017年まで記録を壊す癖がありました。同社は、 2017年第1四半期に88億ドル、第2四半期に125億ドル、第3四半期に138億ドルの利益を達成しました。累計では、Samsungの年間売上高は2,240億ドル(239.58兆ウォン)で、営業利益は500億ドル(53.65兆ウォン)であった

モバイル部門は、 「ギャラクシー・ノート8」の販売は前四半期から増加した。 Samsungは、Galaxy S9の発売後、2018年第1四半期に収益の増加を予測している

。第1四半期には、モバイルビジネスの立ち上げに伴い、主力製品の販売が増加し、

近年のGalaxy X折り畳み式携帯電話のことはよく聞きましたが、折りたたみ式、自動車用、ITディスプレイなどの新しい分野では、ディスプレイユニットが「Competencyを強化する」ように設定されています。今年中にそのようなデバイスが発売されるのを目にする:

OLEDパネル事業は、折りたたみパネルのリリースによりプレミアムセグメントでの競争力を強化し、自動車エレクトロニクスなどの分野で新しいアプリケーションの拡大に注力するその技術とコスト競争力

三星は、折りたたみ式OLEDディスプレイのような最先端の技術を採用してスマートフォンを差別化しようとの努力を続けます

モバイル部門はハチではありませんnサムスンの成長ドライバーは現在数四半期の間、収益の大半は収益性の高いメモリとディスプレイ事業からのものです。サムスン電子はまた、サーバとモバイルストレージ用の高性能DRAMとNANDモジュールの強力な受注を再び認めた

。同様に、ディスプレイユニットは、「プレミアムスマートフォン」(サムスンはiPhone X用のパネルを作る)

Samsungはまた、「超大型およびQLED」モデルの販売が好調で、TV事業での売上高が増加したことを示しています。三星(サムスン)のシステムLSIとファウンドリ部門は成長率が低下したが、フラッグシップデバイスやアプリケーションプロセッサのイメージセンサへの需要が高まっているとの見通しを示している

7nmの「リスク生産」

要するに、サムスンは昨年、1トンのお金を稼いでいました。これは、サムスンが7nmノードをベースにしたコンシューマー対応のチップセットを見る数年前のことです。それは今年変わるようには見えません。