Google HomeとGoogle Home Miniは4月にインドに進出できる

浮気調査を探偵に依頼すならメディアで評判の浮気調査の探偵がおすすめです!
そのため、

即日お金が必要ならどこよりも高い換金率のクレジットカード現金化を利用しよう!

Google Homeは2016年にデビューし、Googleは昨年末にミニバージョンを発表しました。両方のスマートホーム製品は、世界中の特定の市場で販売されており、インドに進出しているようです。 Gadgets 360 が受け取った情報は、Google HomeとGoogle Home Miniの両方が4月に亜大陸に導入されることを示唆している。

Google Assistantが今月初めにヒンディー語の互換性を取り上げた。

AmazonはEchoファミリーをインドで展開しましたが、Alexaが持っているのは、自分のGoogle HomeまたはHome Miniでアシスタントと会話することです。現地市場向けに完全にカスタマイズされていますが、今のところ、言語の互換性は英語に限られています。アマゾンはまた、スマートなホームスピーカーをインドの消費者にとってはるかに役立つようにするために、数多くのローカルスキルを追加しました。

1年以上2つのGoogleホームを使用しています。 Googleサービスにフックすると、自分の現在地を検出したり、天気の更新や交通ルート、自分のロケールに基づいて地元のレストランや映画のおすすめを調整することに問題はありませんでした。

価格は興味深い要素は、それが最終的にGoogleホームとホームミニがどのように大陸で成功するかを決定するからです。 Googleホームは米国で129ドル(8,400円)、Googleホームミニは49ドル(3,190円)で販売されています。 Pixel 2 XLはまだ950ドル以上ものコストがかかり、Google HomeとHome Miniにも同様の勢いを見せるだろう。

来月に予定されている発売に伴い、我々は今後数週間で価格と可用性の詳細を知るべきである